投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

【オモフ】今、足元に在る幸せに気付くこと

イメージ
こんにちは! 日常に潜む儚い美しさを 写真に収めておきたいと日頃から願う KUe93 : ) ですw




今、我が家のテレビが絶不調です かれこれ10年近く付き合っているテレビですが 最近観ている最中に突然アナログ放送の再現のように画像が荒くなったり 先日妻と映画鑑賞した時には 放送終了時の「波の音」時のような画像になったりと 寿命を感じさせるような症状が見受けられます(汗





そこでもうひとつ思うのは 「フツーにテレビを観れる幸せ」 について 日頃は目も向けず意識することもない 些細な喜びに対する気付き





自分の境遇や周りの環境 どうしてもネガティブな事に目を向け 悲観してしまいがちですが 実は周りに多くの感謝すべき物事が転がっている 頭では解っていても やっぱり失ってから 失いそうになってからやっと目を向けられるというのが 私の現状です





まだまだ修養が足りないなと 今回はテレビからそう教わったのでしたw
テレビ好きの妻のために テレビ新調の補正予算を組まなくてはですねww




KUe93 : )
Instagram:play _with_the_road
Twitter:しぐま写真館
※両サイドのバナーから当HP⇄ブログ村を行き来していただくことが、ランクアップに繋がります。ご協力お願いします!!

【バイク】どうしてバイクに乗るのか?!

イメージ
こんにちは! 子供の頃から「危ないバイクには絶対乗るな!」と言い聞かされて育った
でもバイク乗りの KUe93 : ) です










どうしてもバイクに乗りたくて バイクに乗れる仕事を選び免許を取り 親に内緒で最初のバイクを購入しました
親しい友人から結婚したら 子供ができたらバイクを降りるべきと言われ考えた日もありました
結婚してからはバイクに乗る時間自体が短くなりました






それでもバイクに乗り続けているのは 単に「唯走るためだけに存在する」バイクが好きだから そしてバイクに乗る自分自身が好きだから
(もちろん妻の理解あっての賜物ですがw)






そもそもバイクに限らず趣味なんて 他人から見ればリスクだらけの非生産的な行為ばかり でも自分自身は何らかのメリットがあって 否、たとえメリットがなくてもハマってゆくのです






こんな映像を観ちゃったら バイクに乗りたくて仕方がなくなってしまいませんか??
(少しでも心が動き出したらスクーター以外のバイクに乗ってみてください) ↓  ↓  ↓ https://www.youtube.com/watch?v=gn1AeD95BxY







そんなこんなで 家族には迷惑かけないよう心掛けつつ 足腰が立たなくなるまでバイクに乗り続けたいと ブログをカキカキしながらも思うのですww





KUe93 : )
Instagram:play _with_the_road
Twitter:しぐま写真館
※両サイドのバナーから当HP⇄ブログ村を行き来していただくことが、ランクアップに繋がります。ご協力お願いします!!

【コーヒ】コーヒーカップと口づけを

イメージ
こんにちは! コーヒー豆をハンドミルで挽く時間が 「至高のひと時」な KUe93 : ) です








コーヒーを楽しむのに大事な要素のひとつがコーヒーカップですが 皆さんは何でカップを選びますか?
デザインは雰囲気に大きく影響しますし 容量は飲みたい分量が入らなければ そもそもの役に立ちません








そして個人的に一番大切であると思う要素が
「口当たり」 コーヒーと自分自身とを結ぶカップの縁 この相性が大事だと思うのです (取っ手と手の相性もあるでしょうが、カップの縁程ではなさそうです)








例えば実家でもらったこのカップ マグカップほど厚みがなく やや外側に広がった縁が ススッと口にコーヒーを運んでくれるのがお気に入りですw








そうは言っても 買って来るまで相性が分からないのが現実 口当たりを確認できるカップ屋さんを 始められたらいいのですが…やっぱり無理ですよね(汗






KUe93 : )
Instagram:play _with_the_road
Twitter:しぐま写真館
※両サイドのバナーから当HP⇄ブログ村を行き来していただくことが、ランクアップに繋がります。ご協力お願いします!!

【オモフ】豊かなこのセカイで(この物質的豊かさは永遠ではないかも)

イメージ
こんにちは! 日常に潜む普段気付けない素晴らしい景色を カメラで切り取るのが大好きな KUe93 :) ですw







実はこの行為の裏には この豊かさがいつまで続くのだろう? というやや刹那的な感情にも
実は裏付けされていたりします(汗






地球規模でも前例のない 戦後の復興を成し遂げた我が国
いつでもどこでも小銭さえあれば自販機で缶コーヒーを買えることが いかに幸せなことか 海外旅行などを通して体験した方も多いのではないでしょうか?






現時点で資源の少ないこの国が 経済力を背景とした海外からの買い付けで これだけ豊かな生活ができている 実はこのこと自体が戦後復興と同様に「奇跡的」なのだと感じるのです だからいつこの日常が日常でなのなってもおかしくないと・・・
そして国単位でも個人単位でも 「その日」に対する備えができているのだろうか?











「IN TO THE WILD」という大好きな映画があります 例えば主人公に 私も教わったことのあるこのスキルがあったとしたら 多分彼の人生が変わっていたと思うのです
↓  ↓  ↓ (ネット社会は便利ですねw) http://d.hatena.ne.jp/machida77/20100512/p1











実はセカイが転覆しなくとも
国じゅうに影響する大災害が起きなくても
レジャー先でこういったスキルが役に立つこともあるでしょう







食料に限らず
「もし今ここにあるものがなくなったとしたら・・・」
常日頃からそう疑問を持つことも
実は大切なのかもしれないと思うのです





KUe93 : ) Instagram:play _with_the_road Twitter:しぐま写真館 ※両サイドのバナーから当HP⇄ブログ村を行き来していただくことが、ランクアップに繋がります。ご協力お願いします!!