レースにおける車両性能とレーサー技量の比率について

こんにちは!
肉なら牛ハラミが一番好きな KUe93 : ) です。

多分生まれて初めてレースを(意識して)観たのはパリダカールラリー
何より颯爽と砂漠を走るポルシェ959の勇姿に訳も分からず興奮し憧れました
我が家にカイエンやカレラが在るのも
実はここからはじまっています





中学生時代にはF1が流行し
深夜にテレビをこっそり灯けて
マクラーレンホンダとフェラーリ
セナとプロスト
の凌ぎ合いに熱中しました






社会人になってからは
世界ラリー選手権
当時3台乗り継いだレガシィ繋がりで
只管スバルを応援しました







そしてここ2、3年ほどは
モトGPに夢中です
とはいっても深夜放送を録画しておいて
時間を見つけては観るスタイルなので
SNSなどで前もって結果が分かっている状態でですが(汗











バイクレースを観ることが習慣付いたのは人生初なのですが
その最大の魅力は
「より人間の入り込む余地が大きく感じられる」ことです








例えば四輪ですとレース中は車両ばかりが目に入るのですが
二輪だとライダーの一挙手一投足が目に飛び込んできます
私はレースどころかコースも走ったことはありませんが
四輪以上に二輪では人に求められる要素が多いように思えるのです

あくまで個人的にですが
四輪以上に二輪のレースは見応えがある!!
…と言う結論に至っておりますw







TVを通して感じられる現地の熱気を観るにつけ
日本でももっともっとバイクレースがポピュラーになればいいなと思います






…本やテレビを介してバイクと接する以前に
もっと手元にあるF4に乗ってやらねばですね(汗









KUe93 : )
Instagram:play _with_the_road
※両サイドのバナーから当HPと各ジャンルの楽しいブログが集うブログ村を行き来していただくことが、ランクアップに繋がります。ご協力お願いします(*^∽’)ゝ