クルマでの『人馬一体』を求めて(RECARO C-Classic インストール その3)

その魅惑的な座り心地から導入を決めた
20年前の RECARO 「C-Classic」
 








 

 
 

 

そして RECARO 導入と同時に動き出した
リアシートの作成
 













 
少しの月日が経ち


 


 




 
ある雨の週末
待望のインストールでした。
 


 




 




 





フロントシート作業が終わった直後に雨が降り始めたように
今回も雲が気遣ってくれたのか
リアシート作業前には雨も上がり










 
車検で入庫していた我が「緋い鳥」も見守る中
















 
革の張り替えの間に代用で取り付けていた
内装とはマッチしない黒いリアシートを外し











着々とはかどる作業の果てに










 
待った時間と比較しても
マスターの描いた仕様書と比較しても
遜色のない

 
と言うか
とてつもなく統一感のある
素晴しい世界が
我が「碧クジラ」の体内に広がったのでした。


 











 




以来、私がリアシートに乗る機会は
かなり限られていますが
唯一無二のシートと
AFFオリジナルのリクライニングキットが
乗って下さるすべての方々に
素晴しい座り心地を提供できるものと確信しています。
是非、我が「碧クジラ」の背中に乗ってやって下さいw

着手にはやや躊躇したものの
座らずともリアシートを見るだけでため息のでる日々を
当分の間、満喫できそうですww