STUSSY RICHIE(サングラス)

15年前、当時24歳だった私が初めて買ったサングラス。
今でこそ曇っていても紫外線対策に欠かせないサングラスですが、
当時の私にとってのサングラスは「格好つけグッズ」。
とても格好よくて、でも気恥ずかしいものでした。




 
そんな私にサングラス購入の切っ掛けを与えてくれたのが
ドラマ「ビーチボーイズ」。
反町隆史さん、竹野内豊さん、広末涼子さんが主演のこのドラマは、
当時結構、そして多分特に女性に話題になったと記憶しています。
青い海、主演俳優の細マッチョな上半身
そしてサングラス・・・。
実はドラマ自体は見ておらず、ストーリーも知らないのですが、
それでも印象に残るほど、話題になったドラマだったと記憶しています。




 
そんなドラマの印象だけで、気恥ずかしくて手を出せなかったサングラス購入を決意。
さぞや当時の私の目にも、反町さんや竹内さんが格好よく写ったのでしょうw
ここに造形美や機能美、そして面倒臭さなどといういつもの要素は存在しません。
お店に脚を運び、試着して、レジに持って行く流れ作業。
 




 
ただ、そんな買い物が、15年もの間、
海外出張も含めて活躍してくれるとは、想像だにしていませんでした。
そして今でも使い続けていられてる事が、
実はどんな理由を並べたてることより、大切なのかもしれません。