クルマでの『人馬一体』を求めて(RECARO C-Classic インストール その2)


 突然ですが、人が生きていゆく上で「姿勢」というものが、とても大事であると考えています。
「身体の構え」は成長や健康に直結しますし、
「物事に対する心構えや態度」は人付き合いなど、人生そのものに大きく影響すると思うのです。














 人間が直立している時、頭のてっぺんから糸で吊るされているような状態が最もよい姿勢なのだとか。
これに対して私はやや猫背(肩の前傾、肩甲骨の開き)、やや腰を反り(骨盤が前傾)気味。
これも長い間、机や台所、そして椅子を「諦めていた」ことの弊害なのでしょう。
意識しないと腹筋のトレーニング効果も半減です。
兼ねてより念願であったソファーも、「おっさん座り」になりやすかったり等、姿勢には気を付けねばなりません。
これまで自分なりに姿勢に注意して来て、
特に骨盤と肩甲骨、そして頭の位置関係が重要なのだろうと考えるようになりました。
その「ツボ」を確りと押さえてくれるシートが、 RECARO C-Classic なのです。
 










 
 前回も触れた通り、20年前に技術者と医者がタッグを組んで開発したシート。
当然現在は作られておらず、新品の入手は困難で、中古も中々骨が折れるそうです。
マスターのお店AFF横浜と10年来のお付き合いのあるSさん(後に実は同業者である事が判明w)
C-Classic インストールのため、先日石川県からはるばる上京していらっしゃいました。
しかもRECARO歴は10脚を超えるとか!!w
本当にこのシートのよさを理解し愛するが故の行動と言えるのではないでしょうか!?
そしてこんな「医療器具」にも例えられる素晴しいシートに出逢えるとは、何と幸運な事でしょう!!!
 



※この子は毎日こうして休憩するそうです。念のためw










 
 RECARO導入の週末は、あいにく仕事の日。
しかも上がる予定の昼が過ぎても、一向に終わる気配がありません。
2.5h/1脚の作業時間とAFFの閉店時間の21時を考えると、16時までに入庫したい!・・・逸る気持ちをぐっと堪えて、仕事に取り組みますw
結局AFFに辿り着いたのは17時でした(汗
 























 
 到着早々、輝くもう1人のマスターの「神の手」。
単なる「ボルトオン」かと思いきや、
スイッチ類や着座センサーなる物の移植に手間がかかるようです。
しかしながら20時には作業終了!
しかも驚く事にゲリラ豪雨の10分前に終えた、屋外での作業でした!!



































 
 閉店後、2人のマスターが「レカロ記念日」と称し、
新横浜の鉄板焼き屋さん「鐵」で、晩餐会を開いて下さいました。
























 





 
 後日じっくり RECAROに腰掛け、ステアリングを握りました。
この座り心地は本当に素晴しく、運転せずとも
カイエンの中で暮らしてもよいと思えるほどです。
ただ今後の課題も幾つか見えてきました。
特に大きいのが、「座面が高い」。
AFFオリジナルのローアングルシートレールを装着して頂きましたが、
それでも座高の高い私はルーフと頭の間が掌(ノーマル時は拳w)ほど(汗
次第にクッションが身体に馴染み2〜3cmは下がるそうですが、
それでもダメならアンコ抜きが必要となります。
 










 
 またオリジナルのシートベルト調整スイッチやステアリングやミラーのメモリスイッチが無くなったため、調整ができなくなってしまいました。
その他フロントシートに合わせて張り替えるリアシートの装着。
スイッチボックスカバーやシートレールカバー、各種ダイヤル等のアレンジもやって頂けるとの事で、今後も乞うご期待ですw















 皆さんの姿勢は大丈夫ですか?周りにある物は、自分に合っていますか??
普段何気なく許容している物であっても、
少し目を向けると自分に合っていない物も実は存在するのかもしれません。
それに気付けたら儲けたもの。
ちょっとした是正が、人生にすら大きな変化をもたらすかもしれないのですからw
 私は今回のインストールで、既に 「道楽生活」を十二分に満喫できている訳ですが、
今後 「RECARO マジック」のお陰で猫背や反り気味の姿勢も治り、
健康や人付き合い、運勢まで、人生全てがより佳くなってしまいそうです!!
お会いする時は碧クジラのみならず、私自身にもご注目下さいねw