カメラという存在

 皆さんにとって、カメラはどんなものですか?
 
 私にとってのカメラは
4年ほど前にミラーレスカメラ OLYMPUS PEN EP-1 を購入するまでは
「記録」の要素が大きかったと思います。
 
 
 
 
 
 
 記録、大抵は後で振り返られるよう「思い出」を残すためにシャッターを切る。
そんな単調だった作業に、PENが変化をもたらしてくれました。
背景をボカしたり、フィルターで画に変化を与えてみたり。
楽しいのだ、コレがw
 





 そして昨年、間に同じくPEN EP-3を挟んで、マスターから譲り受けた Nikon D3。
流石はNikonのフラッグシップ機!とにかく秀逸なのです、このカメラ!!
どんなシチュエーションでもどんなシロートが撮っても、奇麗な写真が撮れてしまう。
自分が巧くなったとなったと、勘違いしてしまいそうなくらい。






 それにカメラ自体の創りが、飾ってもいいくらいに格好いい!
シャッター音が聞くためだけに押してもいいくらいに小気味よい!
これだもの、写真撮るのが、楽しくなる訳だぁw












  そして最近手に入れた SIGMA DP1merrill。
こいつがいい意味で面倒くさいカメラなのです。
底知れないポテンシャルを持ちつつ、中々巧く撮れない。
むしろ失敗写真が積まれてゆく中で、
時々条件が揃った「キセキの写真」が生まれるのです。
この時は、努力の分だけD3以上に嬉しい!!!
格好もいいでしょう!?
正直この喜びを共有したくて弟にプレゼントしちゃうほどにハマってますw






 皆さんにとって、カメラとはどんなものですか?
Twitterを見て下さっている方はご存知でしょうが、
私にとっては【第参之眼(だいさんのめ)】とも言えるべき物です。
たとえ手元にカメラがなくても、風景を探してしまう。切り取ってしまう。
身体の一部と言っても過言ではないほど、大きな存在です。






 そんなこんなで、よ〜し、これからも楽しむぞぉ!!
お付き合いのほど、よろしくお願いしますw