たぶん一生モノの自重トレーニング(コンビクト・コンディショニング)

昼休みの会議室で
我流のトレーニングに取り組みながら
より場所や道具に囚われず
総合的に身体を鍛えられる方法を
探していました

そして
ある日偶然見つけたのが
『プリズナートレーニング』
(コンビクト・コンディショニング)
です







獄中の囚人が身体的・精神的
パフォーマンスを高め
体を整える…
確かに
あらゆる物事に制約を受ける
囚人ができるトレーニングであれば
あとはヤル気さえあれば
誰でもできる筈
でも名ばかりの使えない本だったら…

当初半信半疑で手にした本でしたが
今では
「一生モノのトレーニングに成り得る」
と感じており
周りの人達には
内緒にしておきたい気さえしてきますw










トレーニングの内容は
「ビッグ6」と呼ばれる6種類のトレーニングが
それぞれ10のステップに分かれており
更に各ステップにはレップス(回)数とセット数に応じて初・中・上級の
3段階に細分化されています

つまり
6(種類)×10(ステップ)×3(級)
のトレーニング法が具体的に記されています
また
必要な場所や道具なども殆どなく
身近にあるテーブルやベット
鉄棒やボール程度しか求められません

トレーニング法以外にも
このトレーニングの歴史
(現代人のジムやプロテイン依存への警鐘等)
コーチング法
(トレーニング実施上の着意・注意事項)
も丁寧に記されており
この本1冊とヤル気さえあれば
他には何も必要ありません










コンビクト・コンディショニングを始めて
4ヶ月が経ち
「ビック6」の中には
そろそろ4ステップ目に入ろうかという種目から
まだ1ステップ目で足踏みしている
種目もあります

私の場合は腹筋と手首
そして物を引き上げる力が
特に鍛えられていなかった事に
気付かされました(汗

ステップアップするほど難易度が上がる
(10ステップ目はいずれも常人とは思えない種目なのです)
まだまだ先は長いですが
即効性を求めがちな時代にあって
5年、10年先を見据え
トレーニングを継続してゆこうと思います


因みにトレーニング中に本を見開いておけるよう
私はこのように本を一度バラしていますw