遥かなるツインリンクもてぎ(初MotoGP観戦記③:ヘルメット編)

かれこれ何年もの間
ツインリンクもてぎに行きたいと思いつつも
「日テレ観戦」を続けてきた私ですが
今年は晴れて
14、15日の2日間
(欲を言えば3日間フルに行きたかった…w)
念願の MotoGP 観戦を果たすことができました!!







そして
「もてぎに行きたい!」
と思うようになるずっとずっと昔から
自分は「アタマがどデカイ!」
と思っていました

帽子も選んでも
(サイズ以前に帽子が似合わないのですが 汗)
フリーサイズでは調整機能を駆使してもダメ
ヘルメットを選んでも
一部のメーカーを除いてはXLを選ばないと
アタマが入らない…

今回 
SHOEI さんのブースで足を止めた事が
「自分の頭が超弩級にデカイ」
という思い込みを
払拭する事に繋がったのです











私が SHOEI さんのブースで足を止めたのは
マルケス選手の日本限定グラッフィック
をあしらった
X-Fourteen MARQUEZ MOTEGI2
更に本人が被ったヘルメットと一緒に
展示してあったからです

正直マルケス選手のファンという訳ではないのですが
去年テレビで観て
和柄に近く格好いい印象を受けていました
そして現物は更にいい!!
見入りいじりまくってしまいましたw







ふと視線を他に向けると
ヘルメットのフィッティングを
やってくれるとのこと

正直
コンスタントにLサイズで被れるのは
SHOEIさんだけでしたので
順番待ちも内容でしたので
早速お願いしました

結果は…
頭の横幅がLサイズで丁度
前後と頭頂部には隙間があり
埋める必要があるそう
「XLじゃなかった!」
「どデカくなかった!」

更に驚いたのが
長時間ヘルメットを被った際に起こる
まるで才蔵法師にお灸を据えられる
孫悟空になったような
コメカミ辺りの鈍痛
これも前後幅や頭頂部に隙間があり
コメカミ辺りだけで
ヘルメットを支えている事が
原因なのだとか!!!







測定値を資料として頂き
現物を見ていたく気に入ったマルケスモデル
しかも10月一杯の受注生産…
ノリノリで買いたいところですが
唯一先立つものが
…悶々とした夜を過ごすのでした








0 件のコメント :