はじめて(MV Agusta F4-1078RR312)のエンジンオイル交換

こんにちは!
かれこれ15年間
3代バイクのエンジンオイルは
我が手で交換してきた KUe93 : ) です

いや〜思い起こせば私の2代目バイク
BMW F650GS DAKAR のオイル交換を
ディーラーでの見取り稽古を経て
はじめて独りでやった時のドキドキは
今もリアルに覚えていますw

さて予告通り暖かくなり道具も揃ったところで
我が4代目 MV AGUSTA F4-1078RR312 1+1 
のオイル交換に初挑戦です!!
(騒ぐほど珍しいことでもないのですがw)











先ずはオイルが抜けやすくなるよう暖気しながら
カウルを外します
今回は手を抜いてオイルフィルターを交換しないので
右側のカウルとアンダーカウルのみ

いつも思うのですがカウルの脱着している時に
「航空機をいじっているような感覚」を覚えるのは私だけ!?







暖気を終えたらドレインボルトを外します
理由は後で分かるのですが
随分とキツく締められているのか中々外れません(汗

ちなみにオイル受けはカイエンの9Lに対応できるよう
エーモン製5Lの物を2個保有
普段の作業で部品入れにも活用しているため
ビニールを2重に被せて汚れを防止しています






オイルを抜く間は恒例のコーティングタイム!
オイルの汚れはカイエンほどではなさそうですが
スラッジの量が半端ないような・・・(大汗








ここで新たに揃えたアイテム登場!
TONE製ハンディデジトルク です
これまでトルクレンチの導入を悩んでは
どの程度のトルク幅をカバーして良いか
分からず立ち消えとなり
トルクは全てテキトーで済ませてきたのですが
この手軽さについに導入に至りました

操作は簡単で規定値を入力し
あとは表示の数値またはビープ音に従い
締めるというもの

早速ドレインボルトとオイルフィラーボルトの
規定値「35N.m」に設定し締めますが・・・
これがかなりキツイ!
中々開けられなかった訳ですw









あとはオイルを注いで
10分間のアイドリングを経て
オイル量を点検して終了です

我が F4-1078RR312 1+1 は
3Lピッタリて適量となりました
それにしてもペール缶から綺麗に
オイルを出す方法はないものか・・・






これで我が家の3台ともオイル交換を終え
いよいよ春を迎える準備完了ですw






KUe93 : )
Instagram:itsuki_no_sekai
Twitter:しぐま写真館
※バナーから当HPとブログ村の行き来が投票となり、より多くの方に見て頂くことにに繋がります。ご協力お願いします!!