アメリカ製大容量タンクのチョットした暗黒面に気付いた日(エアフィルター清掃)


本日は小雨降る中
「緋い鳥」のエアフィルター清掃とプラグの交換です







電子辞書片手に四苦八苦しながら
アメリカから取り寄せた

カルフォルニアサイクルワークス社製の大容量タンクは

重量を気にしなければ22Lの給油が可能
350km程度の無給油走行が可能になる上に
(実際長距離ツーリングの時以外は15〜18L程度給油)
エアークリーナーボックスを取り外したスペースなどを
燃料タンクとして活用することから
外観は純正のままそのメリットを享受できる
「作ってくれた人に感謝!!!」な優れものです

エアークリーナーボックスの代わりの剥き出しのフィルターは
エンジン周りに肩身が狭そうに
またすぐに触れることができることから
フィルター清掃は楽勝だと思っていたのですが・・・











実際に取り掛かってみると
3つ中2つは周りのパーツやフレームに邪魔され
中々取り出すことができません

あれよあれよと部品を取り外して行き
結局は燃料タンクまでズラして
真っ黒黒なフィルターをやっとこさ救出することができました
やってみるまで気付けないデメリットでした(汗
























あとは事前に購入しておいたクリーナで洗浄し
乾燥させます
スプレーして10分ほどしてから水洗いするだけなのですが
取り外した時と比べると見違えるほど綺麗になりました















さらにプラグを4本交換した後
取り外した部品を全て仮組みして
本日の作業は終了です

夢のガレージさえあれば
仮組みなんかしなくても良いのですが・・・







因みに優れものといえば
トリクルが欲しくで購入した
イトナ社製の工具セットも
いつも大活躍な頼れる相棒です







エアクリーナーを取り付けた後の変化を楽しみに
明日からの仕事、顔晴(がんば)りたいと思います







Katsuaki Ue93 : )