アロハな記憶その3(AF-S NIKKOR 28-300mm 1:3.5-5.6G)

さ〜て
映画でも小説でも
鬼門となる第3弾

ハワイ滞在3日目は
早朝からコォリナマリーナからのクルージングのあと
ホノルル郊外を買い物がてら散策

写真の前にレンズのお話を少々
マスターの教えで単焦点レンズから揃え始めた私でしたので
一眼レフでもコンデジでも
その日の行動や気分で
「今日はコレで行くかな〜」
ってな感じでレンズを選んでいたのですが
荷物に制限を受ける旅行では
中々それができない!

・・・という事で
タイトルにもある通り
本旅行を機に
28mm〜300mmレンズを(マスターからお借りして)
使ってみました。







































































付き合ってみた感想は「すごく便利!!」
何せ遠くの物をレンズひと捻りで
手元に引き寄せられるのですからw
例えばレース観戦など
近づけないようなシチュエーションでは必要不可欠なレンズですし
帰国後すぐマスターから譲っていただきました。

またこのレンズを使った事で
単焦点レンズの表現力のすばらしさと
被写体との距離を
もっと言うと写真の構図は脚で稼ぐという
マスターの大切な教えを
体で覚える事ができました。


長々とお話ししてしまいましたが
できれば写真もお付き合いください!!