投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

故障時は別の顔(ポルシェセンター横浜のサービスと利益の間で)【第4話】

イメージ
【まえがき】
妻の生涯初にして最愛の、そして私達の交際当初からの思い出が沢山詰まった愛車ポルシェ911カレラS(type997)が、エンジン内シリンダー損傷修理のためにポルシェセンター横浜サービス工場に入庫して、4ヶ月目に突入しました。




理由は購入元であるポルシェセンター横浜が、保証期間中に点検修理をお願いしたにもかかわらず適切な処置を怠った結果、引き起こした重大な故障への対応を、保証期間が過ぎたのを理由にその修理費負担をオーナー側に求めているからなのです。




買って1年で上記の理由以外にもエンジンストールやアイドリングの一時不安定化等により、3度の入庫を余儀なくされたのみならず、会社側の落ち度が引き起こした故障の修理費をオーナー側に求める無責任さ。そして会社や自己の利益しか頭にないとしか思えない担当者の「のらりくらり」の対応…「安心と信頼」どころか「誠意」すら全く感じられないのです。




小学生の頃、荒れたオフロードを颯爽と走るポルシェ959を見て以来の憧れ「ポルシェ」。その夢すらも打ち砕かれようとしている私たちの「今」が、極めてレアなケースであることを、そして同じような思いをする人がこの先現れないよう、更には交渉が進捗することも切に願いつつ、これまでの経緯を数回に分けて、皆様にご紹介させていただきます。







✳︎




【第4話】は遂に購入時からお世話になった、
担当者三浦さんの交代で、そし、営業の責任者である、武田さんの登場です。




①保証期間中3度の入庫の都度、三浦さんと工場で対応した方にマフラーの煤けと白煙についてお願いしたにも関わらず、何の点検修理もなされていない。
②それどころか、話したことすら覚えておらず、記録にも残っていない。
③車の程度の良さや保証による安心感を前面に
セールスした割には、保証期間中の故障についても保証すらしてくれない。




以上の3点から、「こちらが修理費を負担するのは納得できず、会社側でカレラを安心して乗れる状態にして返して欲しい。」と、ごく当たり前主張をお伝えしたところ、購入から、長いお付き合いをお願いする予定だった三浦さんは敢え無く降板し、営業の責任者を名乗る武田さんが対応してくれることになりました。
入庫から2ヶ月の間、進捗を見せたのは保証適用の申請と却下のみ。しかも長いお付き合いをお願いする予定であった、「妻の人生初の車のセールスマン」は、故障対応の担当交代をメー…

故障時は別の顔(ポルシェセンター横浜のサービスと利益の間で)【第3話】

イメージ
【まえがき】

妻の生涯初にして最愛の、そして私達の交際当初からの思い出が沢山詰まった愛車ポルシェ911カレラS(type997)が、エンジン内シリンダー損傷修理のためにポルシェセンター横浜サービス工場に入庫して、4ヶ月目に突入しました。















理由は購入元であるポルシェセンター横浜が、保証期間中に点検修理をお願いしたにもかかわらず適切な処置を怠った結果、引き起こした重大な故障への対応を、保証期間が過ぎたのを理由にその修理費負担をオーナー側に求めているからなのです。















買って1年で上記の理由以外にもエンジンストールやアイドリングの一時不安定化等により、3度の入庫を余儀なくされたのみならず、会社側の落ち度が引き起こした故障の修理費をオーナー側に求める無責任さ。そして会社や自己の利益しか頭にないとしか思えない担当者の「のらりくらり」の対応…「安心と信頼」どころか「誠意」すら全く感じられないのです。















小学生の頃、荒れたオフロードを颯爽と走るポルシェ959を見て以来の憧れ「ポルシェ」。その夢すらも打ち砕かれようとしている私たちの「今」が、極めてレアなケースであることを、そして同じような思いをする人がこの先現れないよう、更には交渉が進捗することも切に願いつつ、これまでの経緯を数回に分けて、皆様にご紹介させていただきます。




















✳︎










【第3話】は故障入庫後のお話。保証適応の可否について、購入時からお世話になっている、担当三浦さんとのやり取りです。





入庫の翌週に整備担当の長久保さんという方から連絡があり、内視鏡で確認した結果シリンダーに傷が確認され、修理には概算で200万円程度が見積もられること。そして現在、本国ポルシェとポルシェジャパンに保証適用の可否を打診中とのことでした。

念のため、左マフラーの煤けや白煙とシリンダーの傷の関連性をお聞きしたところ、「左マフラーと損傷したシリンダーの位置関係は合致しており、関連性は否定できない」との見解を示していただきましたので、改めてこれまでの経緯を説明した上で、保証での対応をお願いしたとともに、妻が1日でも長くカレラと過ごせるよう、修理が決まるまでの間、乗用に耐えられるかの確認をお願いしました。















翌週にも長久保さんから、修理費用の見積りをポルシェジャパンに提出し回答待ちである事と、修理するまでは乗らない方が良いとの連絡をいただきました。

状況がイマイチ理解できなかった事…

【オキニーズ】ヘア・リゾート・ビッグ・アップ(hair resort Big up)

イメージ
今回は「オキニーズ」と言いましてもいつもの「お気に入りの物」ではなく「お気に入りのお店」
私が茨城県に転居以来3週間ペースでお世話になっている茨城県は牛久市圏央道つくば牛久ICから道路1本車で10分に位置する「ヘア・リゾート・ビッグ・アップ」さんです。

https://www.youtube.com/watch?v=rQkbWPWXcJU










新たに開発中の常磐線ひたち野うしく駅周辺に位置しており元々開かつしていたであろう土地に新しい住宅地と広い公園、そしてフォルクスワーゲンやケーズ電気が立ち並ぶ中にこの佇まい・・・実は転居前の物件探しで初めて前を通りがかった時から通るたびに目を奪われていました。
どうですか?素敵ですよね??
















昔「脱ぐと凄いんです」なんてCMがありましたがこのお店も「(佇まいだけではなく)入店しても凄いんです!!」
美しい白壁に木の温もりそして草花たち・・・「来店したお客様に南国リゾートのリラックスを。」との市村オーナーの想いを具現した空間に身を置くだけで頭皮のみならず心まで洗ってもらった心地が味わえるのです。













故障時は別の顔(ポルシェセンター横浜のサービスと利益の間で)【第2話】

イメージ
妻の生涯初にして最愛の、そして私達の交際当初からの思い出が沢山詰まった愛車ポルシェ911カレラS(type957)が、エンジン内シリンダー損傷修理のためにポルシェセンター横浜サービス工場に入庫して、4ヶ月目に突入しました。 



















原因はポルシェ認定中古車の最大のウリとも言えるメーカー保証期間中に発生した不具合への対応を3度の入庫でお願いしたものの改善されず、保証期間終了後にこの致命的な故障発生に繋がったにも関わらず、保証もされず自費負担を求められたことから、購入元であるポルシェセンター横浜青葉認定中古車センターと未だ交渉中なのです。 

















結婚式を夏に控え忙しいながらも、引き裂かれた妻とカレラを1日も早く再会させるべく目下努力中ですが、ポルシェセンター横浜青葉認定中古車側の回答は、何の進捗もないオウム返し。対応はあまりに遅く、嘘ハッタリとも取れる勘違いや遂には電話の約束すらも忘れる始末。購入後1年で3回もの修理入庫だけでも驚きなのに、適応されない保証、テキトーとしか思えない対応に、「安心と信頼」どころか、「誠意」の実感すらもあったものではありません。 



















小学生の頃、オフロードを颯爽と走るポルシェ959を見て以来の憧れであったポルシェの「夢」。その夢すらも壊されかけている私の今が「ごくレアなケース」であることを、そして同じような思いをする人がいない事を切に願いつつ、中途段階ながらも数回に分けて、皆様にご紹介させていただきます。 



































【第2話】は保証期間中に発生した故障と、3度の入庫のお話です。 



購入から半年が過ぎた頃でしょうか!?本ブログでお馴染みの「おもちゃ箱」オートファッションファクトリー横浜店に伺った際、同店の甲斐総支店長からカレラの左マフラーの煤けを指摘されました。その後、代表取締役であり我がマスターでもある加古さんにも確認いただきましたが、確かに左マフラーだけが真っ黒く煤けておりました。早速、購入以来異動後もカーナビの相談に乗っていただいたりと変わらずお付き合いさせていただいていた「頼れるディーラーマン(当時)」 ポルシェセンター横浜の三浦さんに相談したところ、白煙の有無を聞かれました。確かに左マフラーからのみ白煙が出ていることをお話しすると、すぐに入庫する必要があるとの事でした。この時点で一時アイドリングが不安定になる症状も気になり相談していた事から、翌休日には…