投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

「読みたい本」と「持ちたい本」(Nikon D3)

イメージ
ずっと欲しかった「本」を買いました
世の中デジタル化が進み 読書もキンドルのお世話になる事が 多くなってきはしました いつでもどこでも本を読める便利さは 世界を変えた大発明だと思うものの やはり「本を持つ」という実感に欠けるのは やや寂しい・・・
情報や知識を得るための「読みたい本」は 引き続きキンドルのお世話になるとして やはりもう少し特別な「持ちたい本」は 紙の質感を掌で感じたり
インクの匂いを感じたり 手に持って重みを感じたり
そして錯覚かもしれませんが
その「感覚」の向こうに
著者をはじめ製紙業や印刷会社などの
作り手の思いがより感じられる 実在する「本」として
持っていたいと個人的に思うのです

そしてどんなにデジタル化が進んだとしても
「本」というものはなくならない
そう信じているのです

Katsuaki UE93 : )

Act different

イメージ
いつも仕事で左腕に着けている 妻からもらったオリスの腕時計



右腕に着けてみたらどうかと ふと思い付き 早速試してみました



やはり利き腕である右腕の方が太いんだな と当たり前の事に納得したあとで 「このまま1日過ごしてみよう」 と更に思い付き、その通りにしてみました



なるほど 利き腕に腕時計をつけると 普段はそうでもないのに 動かす度にどこかに時計をぶつけてしまいます



それに右腕に重みを感じ とても身体全体が不自然・・・ 左腕は重みに慣れているんだな なんて納得した時に ある疑問の答えが閃きました





*





それは 「何故サッカーの本田圭佑選手は 両腕に腕時計を着けるのか? 身体がアンバランスになる事を防ぐ為ではないか?!」 という事です



実際にネットで検索してみると 数ある説のひとつに、 やはり身体のバランスをとるためという説も含まれていました。



*




スティーブジョブズ氏の言葉に 「Think Different」 があります

故障時は別の顔(ポルシェセンター横浜のサービスと利益の間で)【最終話】

イメージ
既にご報告させて頂いた通り 終わりの見えない入庫からカレラが 我が妻の笑顔を乗せて戻ってきてから 早いもので1月が経ちました。



運転している時は勿論のこと エンジンをかけるだけでテンションが上がる⤴︎ 駐車場に停まってる姿を見るだけでテンションが上がる⤴︎ キーを持っているだけで・・・




そんな大好きなクルマのある生活がどれだけ掛替えのないものなのかを 改めて実感している、そんな日々を送っています。










さて、どんなカタチで決着が着いたかを まだご報告していませんでしたが 実はカレラ納車時に提示された ポルシェセンター横浜側の条件は 以下のようなものでした。




「修理費はじ後検討ください。」












修理費はこれまでポルシェセンター横浜側が提示した条件を踏まえると サービス工賃を除く部品代の折半であり 最終的な当方の負担額は 修理前に提示された見積額とほぼ同等の約70万円となりました。



しかしながら半年以上も交渉が続き カレラを入庫しっ放しであった事を踏まえ 最終的に担当者である武田さんとその上司の方の努力で 「負担額は当方の納得のいく金額で」 ただし 「当方が修理費の一切を負担しなかった場合は修理箇所の保証はもとより 今後のお付き合いもしない」 との提案でした。

東北の田園風景とカイエン(PENTAX GRⅣ)

イメージ
やや 手前味噌気味
になってしまうかもしれませんが 日本の風景とカイエン これが結構似合うと個人的に思うのです。





以前、奈良の古民家に泊まった折に ふと思った事なのですが 東北の田園風景とも サイコーにマッチしていると感じるのは 私だけでしょうか??!




Katsuaki UE93

『生命のバトン』を受け取り歩む現在(いま)(RICOH GRⅣ)

イメージ
クルマの話でも バイクの話でも 写真の話でもありません。
いつもとはチョット違って いつも以上に面白くない話なのかもしれません。





自分自身が『生命のバトン』を 受け取り現在を生きており いつか誰かに受け渡す時が来るであろうことを
そして 今自分自身が在る場所を よりよく変えて次の世代に『バトンタッチ』したいのか






悔いのない日々を送る秘訣のひとつに そんな事を念頭に置き日々を送る ってのがあるのではないか。






実家に帰省し両親や弟と話しながら また 祖父母を含む先人の墓に手を合わせながら ふとそう思ったのでした。









Katsuaki UE93 : )